ゴーストライダー、Huluでの単独ドラマが制作中止に

  • 2019年9月26日
  • 2019年9月26日
  • Marvel

マーベルの人気ヒーローである「ゴーストライダー」の単独ドラマが制作中止になったとDeadlineが独占で報じました。

なぜ制作中止になったのか

制作発表の時点で高い期待を寄せられていたゴーストライダー。

そもそもなぜ制作中止になったのかというと

動画配信サービスHuluとマーベル・テレビジョンが企画していたドラマシリーズは、ドラマ「エージェント・オブ・シールド」でロビー・レイエス/ゴーストライダーを演じたガブリエル・ルナが続役することになっていた。同サイトによると、Huluとドラマ製作チームが創造面で行き詰まったことで製作中止に至ったという。

https://www.cinematoday.jp/news/N0111379

創造面で行き詰った事が原因とのこと。

上記ソースにもあるように「エージェント・オブ・シールド」にも登場したバージョンのゴーストライダーの単独ドラマという事で新たなユニバースの広がりも期待していただけに非常に残念といえます。

ゴーストライダーとは

マーベルのコミックに登場するオカルト系のスーパーヒーロー。

燃え盛る炎に包まれた髑髏が頭になり、強化されたバイクに乗り、チェーンを武器として扱う。

以前は映画でニコラス・ケイジ主演で2作作られており、それを見た方は分かるとは思いますが、炎などのCGを多く使用しており今回の制作中止にはもしかするとその表現の面でのコストの問題もあったのかもしれません。

ゴーストライダー以外にもHuluにはマーベルドラマが多数

今回の件を受けてショックを受けた方も多くいると思います。

しかし、同じHuluのドラマでは「マーベル ランナウェイズ」のシーズン3も控えています。これは親がヴィランだった子供達の物語です。

さらに連続殺人鬼が親である兄妹を主人公とした「 マーベルズ・ヘルストローム(原題) / Marvel’s Helstrom」 も新たにドラマ化予定です。

いつものヒーローものとは違ったドラマシリーズです。これらのドラマ化も楽しみにしたいところですね。

シェア・拡散して頂けると嬉しいです


特撮ランキング

おススメ記事

実は特撮ファン向き?動画配信サービスの中でもHuluがおススメされる理由

最新情報をチェックしよう!