「ゴジラVSコング」コロナ禍で屈指の大ヒットを記録!「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を超える

モンスターバースシリーズの最新作であり「GODZILLA ゴジラ」「キングコング:髑髏島の巨神」のクロスオーバー作品である「ゴジラVSコング」が日本やアメリカを除く世界各国で劇場公開を迎え、コロナ禍のハリウッド映画として随一の興行成績を記録。

The Hollywood Reporterなど複数のメディアでその大ヒットを報じています。

2021年3月24日にインド・香港などで公開。25日には韓国・ロシア・ドイツ。26日には中国・ブラジルなど世界各国で公開されました。

海外オープニング興行収入は9,000万ドルを突破する見込みであり2020年に公開された「テネット」の5,300万ドルを超え、コロナ禍のスタジオ映画としては最高の滑り出しになっています。

特に興行収入が高かったのが中国。

3月26日の公開日だけで2150万ドルを記録。

前作の「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」は同じく中国だと初日に2,090万ドル、週末は7,060万ドルで終わりました。

アメリカでは3月31日(金)に劇場公開&配信開始予定です。

今後さらに興行収入は伸びていくことが予想されます。

海外のレビューでは人間パートに懸念はありますが、怪獣バトルは大好評のようです。

評価と興行収入が伴っているようで日本での公開も楽しみですね。

日本での公開は2021年5月14日(金)になっています。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥14,400 (2021/11/29 02:17:18時点 Amazon調べ-詳細)

シェア・拡散して頂けると嬉しいです


特撮ランキング

おススメ記事

実は特撮ファン向き?動画配信サービスの中でもHuluがおススメされる理由

最新情報をチェックしよう!