DC映画「Birds of Prey」の邦題が「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey」に決定

  • 2019年10月3日
  • 2019年10月3日
  • DC
DC

DC映画「 Birds of Prey: And the Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn(原題) 」の邦題が「 ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey 」に決定しました。

予告動画も公開!

「 ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey 」は2016年の「スーサイド・スクワッド」に登場したハーレイ・クインを主人公にしたスピンオフ映画。

「スーサイド・スクワッド」に登場したジョーカーとは破局しているらしく、今作では新たな人生を歩むハーレイ・クインが描かれる。

予告動画でも仲間と一緒に大暴れしている。その仲間とは訳アリ女性たちのチームである「バーズ・オブ・プレイ」のメンバーはブラックキャナリー(ジャーニー・スモレット=ベル)、ハントレス(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)、レニー・モントーヤ刑事(ロージー・ペレス)

ハーレイ・クインはそのメンバーではないとの事ですがどうなるのか。

日本公開日は2020年3月20日

邦題の発表と同時に日本での公開日も発表されました。

2020年3月20日に日本公開で米国では2月7日公開。

今回は女性が大暴れする映画ですが、監督も女性。

中国系アメリカ人のキャシー・ヤンが監督を務めます。

過去に短編映画の監督やプロデューサーを務めており、それ以前はロサンゼルス・タイムズやウォール・ストリート・ジャーナルで記者を務めていたという異色のキャリアの持ち主でもあります。

DC映画で女性が監督を務めるのは「ワンダーウーマン」のパティ・ジェンキンスに続いて二人目です。

女性にしか描けない女性の魅力もあると思うので今回も楽しみにしたいですね。

S.H.フィギュアーツ SUICIDE SQUAD(スーサイド・スクワッド) ハーレイ・クイン

シェア・拡散して頂けると嬉しいです


特撮ランキング

おススメ記事

実は特撮ファン向き?動画配信サービスの中でもHuluがおススメされる理由

最新情報をチェックしよう!