「ハリーポッター」世界を舞台にした新作ゲーム「ホグワーツ・レガシー」の発売が2022年に延期

「ハリーポッター」の世界を舞台にしたオープンワールドアクションRPG「ホグワーツ・レガシー」の発売延期が決定しました。

「ホグワーツ・レガシー」の広報担当はツイッターでクオリティアップに必要な時間を設ける為と説明しています。

「ホグワーツ・レガシー」の舞台は1800年代。

ハリー達の生まれる前の時代が舞台になります。

公開時のトレーラーでは発売は2021年と表記されていました。

クオリティアップの為、と説明がありますが明確な理由は不明。

1年延期になり残念な気持ちもありますが、ゲームのクオリティアップの為と説明があるのであれば待つしかないという感じはしますね。

今回のゲーム開発を行うのはPortkey Games(ワーナーブラザースのハリー・ポッターシリーズゲーム開発部門)とAvalanche Software(代表作はディズニーインフィニティ)で製作にはシリーズ原作者であるJ・K・ローリングは直接関与していません。

「ホグワーツ・レガシー」はPS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X、PCで発売予定です。

シェア・拡散して頂けると嬉しいです


特撮ランキング

おススメ記事

実は特撮ファン向き?動画配信サービスの中でもHuluがおススメされる理由

最新情報をチェックしよう!